アオダイショウ 無事に成長中

昨年、秋に歌志内から連れてきたアオダイショウ2匹、少しずつ餌をやりながら無事に新年を迎えることができました。

体長は40センチを超え、体重も7.4gと8.8gまで来ました。野生では冬眠に入るのでしょうが、理科室は冬休み中も温もりがある&は虫類用のヒーターがあるので、元気いっぱいでした。

体重を測るのは難しくないので、毎月初めに測定していこうと思います。

f:id:ohki_furano:20200104140502j:image

f:id:ohki_furano:20200104140508j:image

f:id:ohki_furano:20200104140528j:image

f:id:ohki_furano:20200104140538j:image

f:id:ohki_furano:20200104140605j:image

 

 

 

ミンク

ヌマエビを捕まえようと仕掛けていた網を引き揚げに二線川へ行くと、何故か網の中に流木が引っかかって…

いるはずもなく、何だろうコレ?

って理解できるまで5秒ほどかかってしまいました。ヌマエビ食べようと集まったヌマチチブ、そのヌマチチブを食べようとしてミンクが入り込んで出られなくなったようです。

残念な姿では可哀想なので、乾かしてみるととても綺麗な姿になりました。流石ミンク。でも、コートにするには数十匹は必要なそうです。

富良野地方で見られるイタチの仲間には、オコジョ、クロテンがいます。以前、白金でオコジョを撮影出来たので、次はクロテンかな(^^)

f:id:ohki_furano:20191028221233j:image

f:id:ohki_furano:20191028221244j:image

f:id:ohki_furano:20191028221319j:image

f:id:ohki_furano:20191028221331j:image

f:id:ohki_furano:20191028221405j:image

 

 

 

ニジマスが晩秋に食べるのは

9月まではブドウムシでバンバン釣れていたニジマス、アメマスが、今週に入りしぶ〜くなってしまいました。

今日は台風明けではあるものの、何とか良型のニジマスを1本だけあげることができた。この魚、見ての通り腹がパンパン、いったい何を食べているのかと、持ち帰って解剖してみました。

f:id:ohki_furano:20191028225433j:image
f:id:ohki_furano:20191028225437j:image

まず、驚いたのが胃の中、紐状のナンジャこりゃー??

どうやらミミズのようでした。

f:id:ohki_furano:20191028225700j:image
f:id:ohki_furano:20191028225703j:image

そして、もう一つ!

卵を持った雌でした。

卵の数はおよそ1800、まだ成熟していないけど晩秋の産卵になるのでしょうか?

f:id:ohki_furano:20191028225923j:image

次の日は、ミミズを餌に爆釣モードに戻りました(^^)

f:id:ohki_furano:20191028230032j:image

クマの通り道?

 


1ヶ月ほど前、富良野スキー場で残雪のコース内に出没していたヒグマの子ども2頭?が処分されました。その後母熊は見つかっていないようです。

今日はその巣穴の近くを通り、スキー場の一番上までお散歩。

今日も昨日に引き続き高温のため、動物の気配もないままロープウェイ駅を過ぎ、尾根まで出ると涼しい風が吹いてくれました。そして数十メートル進んだ所で、つぎの写真のウ◯コ。サイズ的には微妙ですが、クマっぽいと思われます。

 

もし、これがクマだとしたら、かなり上の方にいることになります。

f:id:ohki_furano:20190528000633j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5月に35.3℃

数日前から週末は以上な暑さになることが報道されていましたが、昨日の体育大会は30℃を超えることなく済みました。

が、、、

今日は昼前からどんどん気温が上がり、15時には35℃を超え、ついに35.3℃を記録しました。富良野の5月の気温としては観測史上最高の記録になります。ちなみに今日の道内での最高は佐呂間の39.5℃! なんと5月の国内観測史上最高となりました。

まぁ、そんな中小学生の野球、やっていました。誰も倒れなくて良かった…とくに審判さん。

f:id:ohki_furano:20190526175845j:image

 

明日も同様の高温が予想されています。

いったい何度まで上がるのでしょうか?

 

f:id:ohki_furano:20190526175214p:image

カエル/サンショウウオ はじまる

4月前半は寒い日が続いていたけれど、14日(日)から気温が上がりはじめ春の気配が強くなってきた。いよいよ動物も植物も春をむかえ動き始めたので、自分も野外で活動を開始。

まずはエゾアカガエルの産卵。かなりアップで衝撃的な映像が撮れました。

続いて、夜のエゾサンショウウオの産卵。かねてからビデオカメラを水中に突っ込んで、撮影できないかと考えていたが、思い切ってやってみた。冷水の中での撮影のため、バッテリーの消耗が激しいものの、意外と鮮明。これから楽しみが増えました。